商品ラインナップ

エル・カペティージョ

(グァテマラ)

100g ¥580

no image

酸味:4 甘味:4 苦味:4 香り:4 コク:4

グァテマラ・アンティグア地域。標高1380-1500m。品種はブルボンです。COEにも選出されるなど名実ともにアンティグアを代表する農園です。シェードツリーの下でじっくりと成熟したチェリーを手摘み収穫し、水洗処理と天日乾燥で仕上げた王道のグァテマラコーヒーをお楽しみください。

 

農園名 エル・カペティージョ
農園主  
位置 グァテマラアンティグア地域          
標高 1380~1500m
平均気温 20℃-24℃
平均年間降雨量  
農園面積  
品種 ブルボン
生産処理方法 フルウォッシュド
Flavor Profile  

 

Type 2 user's voice

ギル・フェイバーさん

華やかな芳ばしさを放つ、小振りながらも粒が揃った綺麗な豆。今月の「エル・カペティージョ」です。豆を挽いてドリップすると、抽出液はクリーム風味に包まれた深い苦味を思わせる落ち着いた香りを放つようになります。口当たりのクリアな酸味は柔らかでほどよく、その後すぐに豊かな甘味が口の中を満たします。味が切り替わって後味に移行する刹那、わずかな苦味が感じられますが、コーヒーらしい味を整える役割に専念?しているようで、甘味が引き続き味全体を主導しています。全体的には各成分が調和してバランスの取れた味ですが、その中でも甘味がリーダーの役を担っているという印象です。要するに上質な味わいのオーソドックスなグァテマラ、人気沸騰の予感です。

まめまめさん

大井川鐵道のとある駅と、とあるICが併設されているお茶のテーマパークに何気なく寄ってみました。言い過ぎかもしれませんが、TDLの驚きに次ぐコンセプトとデザインがしっかりと練られた施設でした。さて今月の豆「カペリージョ」は、飲み込んだ後、お風呂に入ったときの「ふっ、はー」の感じ。香り・コク・甘味4.5、苦味4、酸味3.5といった感じでしょうか。パンフレットを見返しても楽しめるテーマパーク。コンセプトがハッキリしているって、こんなに伝えたいことが沢山あるんだと、再確認できた一日でした。

 

ご注文フォームへ

PAGE TOP